2013年06月18日

三井ホーム 現場見学会4 太陽光+全館空調+大きな吹き抜けのお宅

また違うお宅への現場見学ですが全館空調が導入してある家です。
三井ホームの営業さん曰く、最近では8割ぐらいが導入してるとのことで
現場見学に行くと結構な割合でお目見えするんだろうなと思います。

このお宅は選択する人が多い東芝製トータル空調システムです。
※全館空調の細かい話はこちら

前に行ったお宅でも東芝製全館空調を導入していたのでよさは良く伝わったのですが
今回はさらに太陽光発電を取り入れてるとのことで
キニナル気になる訪問でした。


まだ住んで数ヶ月とのことで新築らしいすっきり感と
生活感が余り出てない様子でさっぱりした雰囲気。
中には大きな吹き抜けがあって開放感がとてもあって
来る人には、ぉお!っと思わせる仕上がりでした。
モデルハウスなのか?!ぐらいの吹き抜けです。

他ハウスメーカーのモデルルームを見ると同じように
開放感のある作りとして吹き抜けになってる、又は天井高(蔵を利用)
などどこも見劣りしない作りですが、
実際他メーカーで建てたお宅へ行くと余り吹き抜けは無かったんですよね。
やっぱり冷暖房の効率を考えると無いほうがいいですからね。

その点全館空調を導入すればその問題もクリア出来るから
三井ホームで建てるメリットとして吹き抜けの導入し易さってのがあります。
多かれ少なかれ入れてるお宅は開放的な空間を作ってました。
ドアなんか開けっ放しだそうですしね。


気になってた全館空調+太陽光発電をいろいろ聞きました。
やっぱりメリットがあるみたいで参考になったのが、

低圧電力と太陽光の組み合わせで電力が多く売れる!
とのことです。
これは営業さんからも聞いててたので実際のお宅でお話を聞けると
なるほどなるほど。

特に夏や冬など空調で電力を使うことで日中発電した電力を使ってしまうところ
全館空調の低圧電力契約の場合は別系統の電力契約なので
消費電力の多い空調は低圧電力で使って、発電した電力はより多く売る、
今は違うけど売電42円で10年間買取してくれるから
作った電力は使うより売ったほうがお得。
また、太陽光を売電するために夏や冬の空調を日中我慢するところ
低圧電力なのでそこは気にせず快適に暮らせるとこのとです。

私が前に検討した内容とほぼ一緒のことを言われてたので安心。
※太陽光パネルの検討 全館空調(低圧電力契約での)の相性について

もちろん切り詰めて我慢して頑張ったほうが
エコにもなるしお財布にもやさしいですが
低圧電力+太陽光なら快適に且つメリットもあるよとのことでした。


我が家も全館空調+太陽光発電の導入する後押しになりました。



タグ:現場見学
posted by チッボロ at 11:28 | Comment(0) | 現場見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

三井ホーム 現場見学会3 ロフトのある家を見学

今時はロフトは普通になっておりますが私が小さいころには
見た事は無かったですし流行ったのは10年ぐらい前からですかね。
ちょっと古くなった家などは天窓や小屋裏部屋に窓が付いてるのが多い気がします。
また私も家を探し始めるまで知らなかったんですが
ミサワホームの蔵、天井が140cm以下の部屋は固定資産税の
床面積の対象にならないから有効活用してるらしいです。


それでロフトを140cm以下で作ることで空間を有効活用できるし
収納としても使える高さなのと、子供が楽しめる空間、
などなど良い事だらけだそうで・・・

三井ホームの現場見学で丁度ロフトがある家を見る機会があったので
どれどれと思いお願いしました。

そこは屋根裏をロフトとして作ってあり全館空調導入の家でした。

■良かった点
 空間の有効活用が出来る
 子供が喜ぶ
 収納としても使える
 隠れ家的な感覚で心がくすぐられる
 屋根裏部屋でも快適
 (全館空調+DSパネルのおかげで)

 
 ・・・全館空調についてはこちら
    三井ホーム 全館空調 種類とその比較
 ・・・DSパネルについてはこちら
    三井ホーム 屋根断熱 ダブルシールドパネル(DSパネル)

■悪かった点
 部屋を作る分コストがかかる
 空調するべき面積が増える

 
です。

コストの問題がデメリットぐらいでした。
ロフトを作る初期費用と空調で冷やす・温める面積が増えることによる
ランニングコストです。

他メーカーのロフトも実際見に行きましたが暑いです。
屋根からの熱が物凄くて暑いのとロフトにはエアコンが無かったので
とても長時間その空間で過ごすのはきついと思いました。
ただ、三井ホームならではがあるからこそ費用に余裕があれば小屋裏部屋は使ったほうが
良いと思います。

全館空調によるロフトの快適性やDSパネルで夏の暑さも
かなり緩和出来てるみたいでメリットのほうが大きいと思います。


見学のお宅でもロフトは作って正解だと言ってましたので
条件が合う場合だとロフトも良いもんだと認識できました。
タグ:現場見学
posted by チッボロ at 17:25 | Comment(2) | 現場見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

三井ホーム 現場見学会2 全館空調を導入してる家を見学

三井ホームで実際家を建てられた方のおうちを見学する機会を作ってくれて
プランや図面からではわからないことやイメージ出来ないところを
補完できる機会になるのが現場見学の良いところだと思います。

うちでは全館空調の導入を検討してましたが
モデルハウスの空間では快適ですが生活感が無いので
実際のところどうなのか?
また、導入した後の生な意見はどーなの?
ランニングコストは高くない?

などなど営業マンからの情報からではイマイチ信用ならないというか
営業トークが混じってるんじゃないかと疑うようなことを
実際生活してる方から聞ける良い機会になります。


全館空調は三井ホームの売りなので導入したお宅への
現場見学を勧めてので是非ということで行ってきました。


その家は建ててから数年経ったお宅になります。
それを聞いて他のハウスメーカーではせいぜい建ってから
数カ月の家は見せてくれましたが結構年月が経ってる家を
見せてくれることは無かったので驚きました。

そのおうちの方には住んでから快適なのかとか
不具合が起きてる場所とかないですか?などなど
聞きましたがやっぱり気になるのは全館空調でした。

実際住まわれての感想を聞きましたがこんな感じだそうです。
・家中快適
・窓をほぼ開けないぐらい空気は良い
・休日は家が快適過ぎて出かけるのが億劫になることも
・ランニングコストは想像より安い


良い事だらけでした。。。
三井ホームさんから悪い事は言わないでとか
言われてるかどーかわかりませんが、その人と話してる感じでは
ホントに導入して良かったってことが伝わってきました。

私が気になってたのはランニングコストですが
金額を聞いて、あ、そんなもんなんだ!って思ったぐらいでしたから
営業さんが言ってたランニングコストはあながち間違ってない事がわかりました。


自分の家の延べ床面積と近いお宅だったので参考になる良い機会でした。

タグ:現場見学
posted by チッボロ at 04:44 | Comment(2) | 現場見学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 三井ホームへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
FC2 Blog Ranking
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。